セックスしたいと思っても、出会い系サイトのとっかかりの部分でそれを演じるのは御法度ではないでしょうか。つまり、どんなにセックスしたいと思ったとしても、それを表現しては行けないということです。これは、社会生活全般にも言えることではないでしょうか。

 

とくに、それにあたって女性が口火を切るのはよしたほうが良いでしょう。女性のほうにその気がなくても、気があると思われてしまうでしょう。これで、関係が上手くと言うなら良いですが、なかなかではないでしょうか。それでも女性から切り出す場合、メールなどで関係が深くなってからです。まあ、そのような人はいないでしょうが、ネットでの出会いでは気をつけたほうが良いでしょう。

 

なぜそうなるかというと、ネットの場合、女性から仕掛けたとしても、まともに受けてもらえないというのがあります。まあ、やらせと思われるだけだということですね。ネットでその辺が元気なのは、アダルト掲示板の業者の書き込みぐらいのものです。たとえこちらが本気だとしても、そのぐらいにしか見てもらえないということです。

 

それでは男性ならいけるかと言えば、それもいろいろ問題があります。これも現実には見ないことですが、そういう男性をまともな者とは見ないということです。男性の場合も、のっけからガツガツしてはいけないということです。

 

このように女性も男性も、最初から思いっきり攻めてはいけないということです。この辺は、言わなくても多くの方がわかっていることではないでしょうか。とくに女性は、信頼できそうな男性かを一生懸命見ています。はじめからセックスことばかり口にすることが、信頼につながるかを考えれば、大きな間違いは起こさないはずです。