出会い系サイトは、過去にその存在を危ぶまれながらも、消えてなくなるようなことはなく、それぞれ生き残っています。なぜ、それほど息が長いのかといえば、出会い系サイトというものが、人間が持つある種の欲求を満たしてくれるからです。言うまでもないですが、その欲求というのはセックスしたい気持ちであり、その欲求を満たしてくれるのが出会い系サイトなのです。

 

しかし、すべてのサイトが欲求を満たしてるとはいえません。また、欲求を満たすのは二の次で、詐欺まがいの出会い系サイトもあります。一般的に、正常な使い方ができない悪質なサイトもあるということです。それに出会い系サイトというのは、圧倒的に悪質サイトがほとんどで、優良といえるサイトは数えるほどしかありません。正常に使えるサイトの数もその程度しかないということです。

 

大多数を占める悪質サイトは、はじめから相手などいないところがあります。セックスの相手がいないですから、はじめから欲求を満たすことなどできるわけがありません。また、相手がいるサイトであっても、とくに年齢制限をもうけておらず、児童買春を心配しなくてはならないサイトもあります。ただ、そんなサイトにはまってしまうと、身を持ち崩してしまいかねません。やはり、どんなに時間がたっても、優良サイトがいちばんなのです。

 

優良出会い系は、同じ願望を持つ男女が登録しています。その願望とは異性と"出会いたい"というものです。そして、その次に来るのが、人によってまちまちですが、セックスだったりするわけです。何はともあれ、出会えなければ何も始まりません。逆に出会えないサイトなら先もないことになります。出会える正常なサイトであることが、セックスしたい気持ちを満たしてくれるサイトの必要要件ではないでしょうか。